NEWS

タツキ・オカダリムがカワムラユキのプロデュースで、90’sハウス色満載の日韓英詩サマーアンセム「Harmonic Girl ft. Som」を配信リリース!

これまでにTatsuki名義で〈Rhythm Vibe〉(USA)、〈Fruity Flavor〉(SBA)、〈Mango Sounds〉(RUS)、〈Moiss Music〉(RUS)から楽曲をリリースし、80KIDZ主催のパーティ「MISSION」などにもDJ出演をするなど、2017年から拠点を九州から東京に移して以降、更なる精力的な活動を続けてきたTatsukiが、新名義のTatsuki Okadarim(タツキ・オカダリム)に改名して第一弾となる楽曲「Harmonic Girl ft. Som」を、2022年7月1日に配信リリースする。

今作はTatsuki自身がデモ段階のトラックを、プロデューサーのカワムラユキが主宰する渋谷道玄坂拠点のウォームアップ・バー「渋谷花魁」に併設されたミュージック・ブランド&レーベル「OIRAN MUSIC」のメールフォームに送ったことからプロジェクトが始まり、楽曲の再構成作業などを経て、Koyas氏によるマスタリングが施されて完成に至った。

ボーカルにはソロとしても楽曲をリリースしているシンガーのSomが参加し、コケティッシュな夏の恋模様を日本語英語韓国語ミックスのリリックで、メロウに歌い上げている。(ドリーミーなアートワークはmako konoが担当。)

DrakeやBeyonceが新作に取り入れたことで再燃の兆しが決定的なものとなった90’sハウスのフレーバーを強調したクラブ仕様の「Harmonic Girl feat. Som (Tatsuki Okadarim ’90s House Club Mix )」は、カワムラユキのアイディアにより制作され、7月7日七夕の日に追ってリリースが決定している。

リリース前日には同時公開のリリックビデオが、渋谷花魁のYouTubeアカウントより公開となるが、7月1日に渋谷花魁にて開催となる多幸感の連鎖をテーマのパーティ「Chain Of Euphoria」ティーザー動画にも楽曲がフィーチャーされている。こちらはDJとしても参加予定のグラフィックデザイナーの山口真人の作品を軸にしたもので、編集はDJのKASUMISTYが担当。渋谷花魁の公式instagramにて公開中。

harmonicgirl_artwork_main
7月1日金曜リリース
Harmonic Girl ft. Som – Tatsuki Okadarim
配信URL:https://linkco.re/ApRet1Yg


harmonicgirl_artwork_remix
7月7日金曜リリース
Harmonic Girl feat. Som (Tatsuki Okadarim ’90s House Club Mix) – Tatsuki Okadarim
配信URL:https://linkco.re/nsx2cpc1


7月1日開催 Chain Of Euphoria @ 渋谷花魁 teaser
https://www.instagram.com/p/CfSuI_dPfhj/?igshid=YmMyMTA2M2Y=

BANDCAMP
https://oiranmusic.bandcamp.com/album/harmonic-girl-ft-som

Lyric Video

Tatsuki Okadarim(タツキ・オカダリム)

Tatsuki_Okadarim2022
DJ/トラックメイカー
2011年に4つ打ちを中心にDJ活動をスタートし、2017年からは活動拠点を九州から東京へ。ニューディスコ/インディーダンス/ハウス/R&B等を織り交ぜた、メロウな選曲を得意とする。また2020年からはトラックメーカーとしても活動を開始し、これまでに〈Rhythm Vibe〉(USA)、〈Fruity Flavor〉(SBA)、〈Mango Sounds〉(RUS)、〈Moiss Music〉(RUS)等から楽曲を発表。2022年夏、渋谷道玄坂拠点のウォームアップ・バー「渋谷花魁」に併設されたミュージック・ブランド&レーベル「OIRAN MUSIC」からの「Harmonic Girl ft. Som」リリースを機に、名義をTatsuki Okadarim(タツキ・オカダリム)に改名。Twitter:@___Tatsuki

Som(ソム・솜)

7SQnrzqe
ソウル出身大阪育ちの、日韓ハーフSSW/コンポーザー。2017年にDTMで楽曲制作を開始。 2020年12月に自身の1stEP「Unreality」をリリース。昨には年11月に2nd EP「purple」をリリースした。浮遊感のある夢見心地な電子サウンドと、柔らかなハスキーボイスが絡み合ったナイトポップを歌う。また韓国語と日本語を見事に織り混ぜだ独創性の高い歌詞も魅力の一つ。これまでリリースしたデジタルシングルがAppleMusicやSpotify公式プレイリストにインするなど活動の幅を広げている。Twitter:@666_yorunoao